学生 消費者金融

学生は消費者金融に申込めますよ!

大手消費者金融はメガバンクの保証会社をしているので収入の少ない学生でもしっかり審査してくれます。学生であれば、

  • アルバイト等で安定収入がある
  • 年齢20歳以上である

この条件を満たしていればどのカードローンにも申込めますが、

  • しっかり審査してくれる
  • 学生が借りる金額では無利息サービスがあるのが一番

以上の理由からプロミス・アコムが学生にはぴったりな大手消費者金融ということになります。

学生でも親に頼らずに借りれるカードローン三社

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

未成年の消費者金融などでのキャシング事情

2000年代後半に入って以降、キャッシングやショッピングに関する法律が厳しくなりました。特に

 

 

消費者金融では総量規制により年収の3分の1を超える額の借入ができません。


例えば、学生など場合はアルバイト収入の人が多いでしょうから年収90万円としても30万円が限度額となりますが必ずしも上限額の融資をして貰えるということでなありません。そもそも未成年は単独でキャッシングやクレジットなどはできない環境にあります。

 

 

学生でも未成年だと単独では申込めないのかなぁ・・・


申込み条件においても20歳以上としていますが。仮に契約を成立させる場合は民法20条で掲げられている未成年者が単独で契約を行った場合、1ヶ月以内に未成年者である親の追認が必要になるので単独での契約は不可能といえます。

キャシングの未成年者の利用について

未成年の場合、学生ですとまず審査に通らないというか、それぞれの会社の利用規約に成人のみ申込み可能と書いてあります。つまり、18歳で高校を卒業してアルバイト収入があっても成人していなければ契約は不可能なのです。仮にバリバリ稼いでいてもは

 

 

返済能力や社会的信用を得られないのが未成年の学生という立場です。


なので単独で申込みたい場合は成人する迄待つしかありません。但し、20歳以上の学生の場合は基本的に安定した収入があれば利用可能なので返済のできる無理のない金額で利用することが重要です。

未成年者のクレジットカード利用について

クレジットカードに関してはキャッシングと異なり高校生を除く18歳以上で入会できるカードも多いです。但し、当たり前のことですが親権者の同意が必要になってきますので親御さんを説得できる場合のみ作ることができるので単独での契約は不可能と考えてください。

 

これは民法17条にある未成年の利用については業者が未成年の親の同意を得なければならない為で大抵の親は自分の未成年の子供がクレジットカードを作りたいと言って来たら反対すると思います。なので、

 

 

  • ポイントが還元されること
  • 現金を持たなくてよいメリット

親を納得させるだけの十分な説明をする準備をしておくことです。

学生は消費者金融に申込めるのか?

消費者金融は、誰でも手軽に利用することができるという点が大きな特徴ですが、学生であっても消費者金融を利用してキャッシングを受けることができます。ただし、学生の場合には消費者金融を利用するにあたりいくつか条件があります。

 

 

まず1点目は、「成人していること」です。


手軽に利用できるようになっているとはいえ、消費者金融を利用してお金を借りるということは一種の契約になりますので、契約行為をするためには責任能力のある20歳以上である必要があります。

 

消費者金融のほとんどは20歳未満の未成年者に対しては融資の契約を行っていないため、高校生などが消費者金融からお金を借りることはできません。

 

 

2点目は、「アルバイトなどで安定した収入があること」です。


学生でも融資を行っている消費者金融といえど、返済されるあてのないお金を融資してくれるわけではありません。そのため、学生が消費者金融を利用してお金を借りるためには、確実に返済できる方法としてアルバイトなどで収入を得ていれば学生カードローンの申込が可能です。

 

かつては、日雇い派遣などで働いている学生に対しても融資を行っていたところがありますが、最近では長期アルバイトで収入を得ている学生に限定しているところが増えています。そのため、勤続の日数についても半年〜1年以上の実績がなければ審査の段階で厳しいと判断される場合もあります。

 

 

3点目は、「融資を受けることができる金額に制限があること」です。


 

いくらアルバイトで収入があるとはいえ、正社員で働いている人に比べるとその年収には大きな差があります。

 

最近では総量規制といって、消費者金融などから借入を受けることができる金額の上限について定めた法律がありますが、この法律で規制される以前より、消費者金融の多くは学生への融資金額の上限を定めているところがほとんどでした。

 

現在では1社につき5万円〜10万円を上限としているところが多く、複数のところから借入を受ければその分借りられる金額も減っていくことになります。

消費者金融の利用は学生の就職活動に不利なの?

学生の内にクレジットカードやカードローンを利用している方は、就職活動においてその負債内容が気になるところとなると思います。結論から言って、

 

 

クレジットカードの利用は問題ないということは言えます。


しかし、消費者金融などのカードローンの利用状況は一概に”大丈夫”と言う事はできません。お金を取り扱う企業などへの内定・入社時に個人調査票と言うものを書かされる時には要注意です。

 

そういった場合に信用情報機関に情報開示の代理を認める判子をつくはずですから、信用情報機関に問合せができるようになり、企業に信用情報が確認されます。これがあまりひどい状況であるなら内定取り消しに至る事もあるので注意が必要です。社会へ出てお金を個人の裁定で出し入れする企業では使い込みなどの裏切り行為が日常茶飯事です。

 

 

事前にそれを回避するためにこういった借り入れ状況のひどい人間の属性は入社を避ける


と言った対策を取っている事も事実です。編集部の僕が入ったことのある会社でも使い込みなどの裏切り行為が日常茶飯事でした。しかしこの企業は入社前にその可能性のある芽を摘むのではなく、

 

 

事が起きた時に保証してくれる人間をとっておく、保証人を立てる


と言うやり方をしていました。後者の僕のような会社であれば問題ないのですが、前者のような場合そのような属性にならないようにカードローンを利用しなければ本末転倒になってしまいます。

 

消費者金融に申込む前に学生がキャッシングを利用するために必要な条件を知ろう!

学生でも条件さえ満たせば、キャッシングを利用することが可能です。学生がキャッシングを利用するには、

  • 年齢が20歳以上であること
  • アルバイトなどで一定の収入を得ていること

などの条件が求められます。利用者数の増加を見込み、

  • アルバイトをしている学生
  • パートをしている主婦

などをキャッシングの融資対象としている消費者金融も多くあります。しかし、学生をキャッシングの融資対象としていても学生はキャッシング審査に通りにくいと言われています。それはやはり社会人と比較し安定した収入が見込めないからです。

消費者金融が求める学生の安定した収入について

逆に言えば、ある程度安定した収入がある学生はキャッシングの審査を通過できる可能性は高いということです。

 

 

それでは安定した収入があることとは一体どのような状況を指すのでしょうか?


安定した収入があるということは、

  • 毎月一定のお金を得ていること
  • アルバイトの継続年数が長い

ということです。勤続年数が長く一定のお金を得ているならば、学生であっても返済能力があるとみなされ、キャッシングの審査を通過できる可能性が高くなります。返済能力がしっかりとあるかどうかが最大の審査基準になってくるわけです。

消費者金融の審査で確認される既存の借入状況と学生の信用を得る為の方法

そして他社借入れ状況も、キャッシング審査に関わってきます。以前、

  • 他社において多額のキャッシングを行った場合
  • 延滞経験がある場合

には審査落ちする可能性が多分にあります。信用情報機関に情報の照会がなされるために、

 

 

融資申し込みにおいて嘘の情報を申告してもすぐにバレてしまいます。


但し、学生の場合は商品などの支払でクレジットカードを使用している場合、その利用履歴が信用情報機関に登録される為利用状況によっては信用をつけることができます。また学生専用のカードローンというものがあるので、そのキャッシングを利用する方法もあります。

 

 

学生専用のカードローンであれば18歳からでも利用できるカードローンもあります


し、一般的なキャッシングと比較して収入のラインが低めに設定されています。借りやすさでいえば学生専用カードローンに分があると言えるので大手のキャッシング審査に通らない場合は学生専用カードローンを利用してみる価値はあります。